Google

WWW を検索
このサイト(自転車と山の日々)内を検索

MIYATA BP2 フルサスMTB2016/05/18


MIYATA BP2 MTB
写真:MIYATA BP2 フルサスMTB

MIYATA BP2 MTB
写真:MIYATAのヘッドマーク

[旧HP 自転車とカメラの日々より]
 消費税が上がる前の97年3月に「TAKENAKA」にて購入。ちょうどクロカン用フルサス車が出揃った頃で、雑誌のインプレでも評判がよく、宣伝露出量も多くてMIYATAの気合いが感じられた車種である。。

97年の6月にニフティサーブ「シクロツーリストフォーラム」に投稿したインプレがありますので、再録します。

> 懲りずにMIYATA BP2を購入してしまいました。今年に入ってから各雑誌に

>宣伝露出量の多い、グレッグヘルボルトが関与したというフルサスMTBです。

> ランドナーから趣味の自転車を始めた者としては、フルサスには抵抗があり

>ましたが、なかなか好いです。

> 登りでタイムトライアルをすれば,リジットバイク,例えばBSのネオコッ

>トのほうが速いのかもしれませんが、楽しめる自転車です。舗装の登りでも、

>苦痛ではありません。ダートの登りだと、フルサスの効果でスムーズ,本領発

>揮といったところです。ダートの登りこそフルサスが必要といった気持ちにも

>なります。トップチューブがあるので、一応担げます。

> パーツはハンドルをフラットに替え、ステムも10度アップの11センチに

>しました。ブレーキはLXで十分良く効くのでそのままです。シートピラーは

>カタログの写真では変なモノのように感じたのですが、実物は思ったより質感

>が良かったのでそのままです。タイヤはダスタープロに替えました。

上記発言の後、クロスカントリーレースにも参戦したりして、パーツを若干換えた。前変速機とブレーキレバーをXTR、タイヤを「PANAクロスカントリーマジック」に、など。

 夏は基本的にはMTBには乗らないが、先日(99年7月)、久しぶりにダート林道を含む50kmほどのコースを乗ってきた。

上記インプレどおり、登りも楽しく走れて「リジットバイクで来れば良かった」などと感じることはまったくなかった。

FUN RIDE用にいい自転車だ。

BBの位置が高いので足つき性は悪いが、フレーム設計上のバランスからやむを得ないのであろう。。

このモデルの後、次年度からは「MIYATA」ブランドを表記せずに商売しているようで、残念である。

自社ブランドに自信がないとするなら情けない。「MIYATA」だと実用車のイメージが強いので、他のブランドでいきましょう」などと広告代理店など外部の人間が言ったのか、まさか社内の人間が言ったのかは知らないが、残念なことである。

BP2ヘッドの「MIYATA」歯車デカールはとってもオシャレでお茶目だと思うのだが・・・

  [追記]と書いておりましたが、けっこうすぐにオークションで売却しました。置き場所の問題とやっぱり重たいので動きがもっさい感じがして、フルサスそのもののデメリットは特別感じなくても、自転車全体としての魅力に欠けてきたためです。フルサスは当時ブームだっ たので、オークションですぐに売れるだろうという目論見もありましたし。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
滋賀県の県庁所在地を教えてください(全角漢字2文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cycledays.asablo.jp/blog/2016/05/18/8091519/tb