Google

WWW を検索
このサイト(自転車と山の日々)内を検索

TOEI650Aにキャンピー32015/03/12

1987年、香里園にあった会社の独身寮から京都のヤマネさんに出かけて入手した、最初の本格的自転車、TOEIランドナー650Aに、日東キャンピー3を装着しました。

フロントフォークにキャリアダボが無いので、アイズバイシクルさんで、改造依頼。ダボをロー付けしてもらい、完璧なまでの色合わせタッチアップペイントで綺麗に仕上がりました。アイズバイシクルは、こちらが思っていた以上に、いろいろと気配りして素晴らしい仕上がりをしてくれます。ソービッツのダイナモが経年劣化で壊れていたのも、治してくれました。こんな店が京都にあるのは僥倖です。

当時西大路御池にあったお店に、初めて、このTOEIを連れて行った日のことを、思い出します。当時店にたむろしていた学生のT川さんからカンパのハブを譲ってもらい、アイズバイシクルの土屋さんにこのホイールに組んでもらったのが、自転車道楽の始まりでした、、。

TOEI650A キャンピー3
TOEI650A+日東キャンピー3

日東キャンピー3
日東キャンピー3は、名前のとおり、3分割できる。サイド枠と立ての部分と、両方外せる。

オルトリーブ クラシック サイドバック
オルトリーブのサイドバックを装着

キャンピー3のサイド枠を外す
サイド枠を外すと、普通のフロントキャリアになる。

ライトも再装着
今回の改造で、ダイナモとランプも付けてもらった。最初はあったのに、「軽量化」のために外してマッドガードもランプ無しにしていたので。タイヤはナショナル製アルプスオリジナル。

サンプレックス001
30年前!にこのTOEIを入手してから、ディレイラーもいろいろ付け替えたりしましたが、結局は最初に付いていた、サンプレックス001に戻しました。シンプルでよろしいです。デルリン樹脂もいまのところ、大丈夫。

結局、キャンピー3を除いて山根徳太郎さんがつくってくれた、最初の姿に大部分が戻りました。ブレーキもマハックレーサーで十分実用的だったのですが、今回、サイドバック装着の重量増への対応を考え、ミスターコントロール グランボアスペシャル、をインストールしました。

何故、キャンピー3を装着したのでしょう? 実は、自転車キャンピングを積極的にやるつもりはないのです。テント泊は山で十分、というか下界では風呂→ビールが欠かせないので。

それは、只、キャンピー3を付けてみたかったというだけです、すみません。

季節のいい時期、ダラダラ汗をかかない時に、まったりテントくつろぎツーリングは、やりたいです。

追記:キャンピーでフロント両サイドバック+フロントバックで走るには、フロントフォークが繊細な感じがして、折角装着したのに、外しました。両サイド仕様にするには、当時のヤマネさんのモデルだと「TOEI R1」という、肉厚なチューブの方が適しているのだと思います。私のは「TOEI R2」というシートチューブのみ石渡022で、他は石渡019のモデル。フロントキャリアを外して、フロントバックはリクセンカウルアダプター用にしました。追って、また紹介します。(2016/8)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
滋賀県の県庁所在地を教えてください(全角漢字2文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cycledays.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589417/tb