Google

WWW を検索
このサイト(自転車と山の日々)内を検索

沢登り-十津川水系 芦廼瀬川(あしのせがわ)2016/09/18

暑さ寒さも彼岸まで。今年の夏の思いで。

沢には今シーズン4回行った。十津川水系の芦廼瀬川の本流遡行をKさんが組んでくれて、参加させてもらった。私は3回目だが、沢は都度、水量やヌメリ、地形の改変が生じているので、いつでも新鮮だ。

同行した方の感想に「水の中を歩いて、泳いで、登って、焚き火して、串焼きを食べて、やりたいことが全部できた」という意味の言葉があったが、私も全く同感。リーダーのKさん、同行の皆さん、ありがとうございました。自転車ツーリングと違って、1人では絶対に出来ません。

芦廼瀬川
入渓してすぐの足慣らし。写っているのは同行のWさん。

芦廼瀬川
この滝は、巻く。芦廼瀬川で巻くのは、この滝のみ。

芦廼瀬川
過去2回の時は、苦労した覚えがなかったが、今回はヌメリがすごく、苦労した。
泊まり装備のザックの重さも堪えた。Wさんにショルダーしてもらい、乗り越した。

芦廼瀬川沢登り
ヌメヌメで、なにげないところも苦労する

芦廼瀬川 核心の8m滝
芦廼瀬川 核心の8m滝。上にいるのは「沢下り」してきた姫路山岳会の人。まさか、下ってくる人がいるとは思わなかったので、びっくりした。

芦廼瀬川8m滝
リードする、Kリーダー

芦廼瀬川 核心の8m滝
無事リーダーが登り、セカンドにWさんが続き、後続への続きのルート工作をしてくれる

芦廼瀬川 核心の8m滝
その次に小生が登るの図。Wさん撮影。写真でみると、別に怖くなさそうだが、ロープで確保されているとはいえ落ちるわけには絶対いかず、ヌメヌメなこともあり、200%くらいの力を振り絞って、何でもありで登る。

芦廼瀬川 核心の8m滝
8m滝の核心を登って残りはトラバースのところだが、過去2回は、気をつけて歩けたが、ヌメヌメのため、懸垂下降で一旦降りてから滝の落ち口まで上がった。

芦廼瀬川
核心部を越えると、怖いところは無いが、ヌメヌメのため、お助けを出してもらったりしながらチームワーク良く進む

芦廼瀬川
平和な感じ

芦廼瀬川
ちょっと時間は早いが、幕地を定める。釣りをする人も。ヒルバークのタープは実に使いやすい。

芦廼瀬川
焚き火で至福の時。下界は35度オーバーだが、沢では長袖で丁度良い。炎の遠赤外線効果が気持ち良い。

夜が訪れる

芦廼瀬川
翌日も時々、ちょっとした泳ぎを交えながら、特に困難な箇所もなく、遡行終了。
クルマのデポ地にドンピシャで上がれて、午前中の予定よりもかなり早い時間に遡行を終了した。
                                  おしまい

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
滋賀県の県庁所在地を教えてください(全角漢字2文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cycledays.asablo.jp/blog/2016/09/18/8193866/tb