Google

WWW を検索
このサイト(自転車と山の日々)内を検索

丹波の春:くりから谷中分水界、下山から梁瀬(2016/4)2017/10/22

丹波の春、名残の桜を求めて、山陰本線の下山駅から梁瀬駅へと走った記録です。

途中、「谷中分水嶺」という地形学的に興味深い地点も通りました。兵庫県は日本海側と太平洋側の分水界の標高が本州で一番低いエリアで、一見なにげない風景の中に、分水界があったりします。

歴史ある「細野峠」と丹波の美しい民家、加古川の上流の長い桜並木(ほとんど散っていた)、いつも自動車で走っている遠阪トンネルの旧道の遠阪峠など、充実したワンデイツーリングでした。

下山から梁瀬
JR山陰本線 下山駅から梁瀬駅へ走ったルート(詳しくはルートラボで

【走行日】2016/4/9
【使用自転車】ビアンキ シクロクロス
【行程】JR「下山駅」8:45~9:37京都縦貫道跨線橋~10:30国道9号線細野峠分岐~10:44細野峠~11:15草山温泉~12:00鼓峠~12:08くりから谷中分水界~12:13栗柄峠~13:10黒井~13:35天王坂~13:41加古川堤防14:32~15:12青垣~16:00遠阪峠~16:42JR「梁瀬」駅=(輪行)=「下山駅」

【峠】細野峠(232m)、鼓峠(336m)、栗柄峠(262m)、天王坂(164m)、遠阪峠(368m)

JR山陰本線下山駅
写真:JR下山駅を出発

細野峠 入口
写真:細野峠入口

丹波の美しい民家
写真:峠を下りたら、とても美しい民家があった。農作業の小屋も綺麗に片付けられていた。

くりから谷中分水界
写真:くりから谷中分水界。河川争奪。

写真:春日町の桜

加古川堤防の桜
写真:加古川沿いに桜並木が長く続いている。もう、ほとんど散ってしまっていた。

遠坂峠
写真:遠阪峠

梁瀬の梅
写真:梁瀬の町。梅。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
滋賀県の県庁所在地を教えてください(全角漢字2文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cycledays.asablo.jp/blog/2017/10/22/8710694/tb