Google

WWW を検索
このサイト(自転車と山の日々)内を検索

KONA ROVE LTD にグランボア エートル650×42B2018/09/08


kona Rove Ltd

KONAの”グラベルロード(この種の自転車についてリベラルロードという呼び方が京都のお店から提案されている~舗装路も未舗装路も自由なスタイルで自由に楽しめるから) ”Rove LTD” にグランボアの650×42Bの”エートル エクストラレジェ”をインストールしました。

エクストラレジェというのは、ロードの決戦用と同じような細くてしなやかなケーシングを使ったタイプなので、ガレたオフロード等ではサイドカットのリスクがあります。

写真:グランボア エートル エクストラレジェ

horizon 650B 47C
写真:デフォルトのホライズンのタイヤ

しかし、そのスムーズでスルスル進む乗り味の魅力には抗えず、デフォルトのホライズンのタイヤから交換してみました。チューブもグランボアの”レール”軽量タイプ。

実はお店で交換してもらいましたが、大変参考になりました。タイヤ交換くらい自分で出来るし、と思っていましたが、やはりプロは違います。

チューブレスレディ対応のリムだと、タイヤのビート部分がリムに密着するので、装着の際には最初、圧を上げて、それから空気を抜いて指定圧に戻すだとか、天花粉のようなパナレーサーのタイヤとチューブがひっつくのを防ぐ粉の実践的使い方とか、勉強になりました。

乗り味も、予想したとおり、車でいうならセグメントが1ランク上がったという感じです。DセグメントからEセグメントに乗り替えた(実際、そんな経験がないので、あくまで想像上)感じなのではないでしょうか。エートルを装着すれば、乗り味グレートアップの効果大です。

ちょっと自分の脚力では固いと思っていたRove LTDも、エートルで3気圧だとスムーズです。ホライズンだと、3気圧だとちょっと固くて、圧を抜きすぎて走ったら、今度はタイヤが大きいので変な揺れ方になって、緩い下り坂で車酔いのようになりかけた(そんな経験は初めて!)ので、ホライズンだと使えるのは2.5気圧までかもしれないというのが、今日までの総括。

タイヤも時々、交換しながら、いろいろ走ってみたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
滋賀県の県庁所在地を教えてください(全角漢字2文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cycledays.asablo.jp/blog/2018/09/08/8958023/tb